依頼は自分でも|原状回復工事で一安心しよう|見違える室内

原状回復工事で一安心しよう|見違える室内

依頼は自分でも

ワーカー

自身で依頼する現状回復

賃貸住宅において退去する際には、原状回復の確認と施行を行なわなければなりません。時には行なう必要もなく敷金がそのまま返還されるケースもありますが、クロスの貼り替えは比較的交換の割合が多い部分となります。クロス貼り替えが現状回復の対象となった場合には、一般的には貸主側による内装業者依頼が行われます。それにより費用を敷金から引かれて最終的には余りの敷金が返還される流れとなります。しかし、貸主側と業者による価格交渉は行われない事が一般的です。クロス貼り替えを行なう際には、自身によるクロス貼り替え業者依頼を行えば現状回復に必要な費用を削減する可能性があります。基本的に貸主の許可も必要となりますが、契約内容に記載がなければ法律上も何ら問題ありません。自身によって費用交渉を行ない必要最小限の範囲を施工できる可能性があるものとされます。

クロス貼り替えの相場

現状回復におけるクロス貼り替えでは、様々なケースによって自己負担対象となるかどうか判断されます。基本的には貸主との立会いによって話が進められ、双方の合意によって施行されるものとなります。現状回復ガイドラインによると、経年劣化における黄ばみは交換対象となりません。また、自身で消せるほどのシミも同様です。一方喫煙による明らかな黄ばみは貼り替えをしなければなりません。貼り替えの平均相場は一平方メートルで900円から1200円となります。元々のクロスに応じた壁紙を使用しなければならないことから、その材質によっても大きく費用が左右されてしまうものです。自身でクロス貼り替え業者を探した場合、この相場よりも低い価格で工事できる可能性が高いものとなります。特に現状回復専門とする業者では、低価格で現状回復におけるノウハウに詳しい業者も存在します。